国内旅行は意外に高い?知って得する国内旅行情報

国内旅行 格安航空券は多頻度運航

最近、国内旅行格安航空券の市場が熱さを増しております。 その大きな要因となっているのが、格安航空会社の存在。 2012年から相次いで国内線に就航をしており、今後新規参入を目指している会社もまだまだあります。 ここで利用者ながら気になってしまうのが、なぜそのような格安航空券が実現できるのかということ。

それは、多頻度運航に秘密があります。 多頻度運航というのは、多くの便を飛ばすということ。 多頻度運航をすることによって、利用者としては利便性が増すというメリットがあります。 例えば、ある路線で1日2便のところを1日4便飛ばせば、利用者からすれば選択肢が増えることになります。 自分が行きたい時間に目的地まで行くことが可能となるのです。

とはいえ、1日2便を4便に増加したとして、そこに十分な乗客数が見込めない場合もあります。 そんな路線に300人のりの大型機を導入したところで、搭乗率は上がりません。 そこで格安航空会社では、積極的に小型機を導入しております。 小型機とは言っても、180人は乗れるほどのジェット機です。

この小型のジェット機を使うことで、細かい便の調整をすることが可能になっているのです。 就航してみて、思ったよりも搭乗率が高いようであれば増便がすぐにできますし、その逆に搭乗率が芳しくないときには便数を減らすということもすぐにできます。 大型機であれば、1便増やす、減らすというのは大きな賭けになりますが、小型機であればそのリスクは低いものです。

小型機であれば定員も少ないので、ある程度尾の高い搭乗率は維持できます。 無駄がないというわけです。 常に高い搭乗率を維持することが、格安航空会社のビジネスモデルの根幹です。 そのボーダーラインというのは、概ね80パーセントといわれています。

国内旅行 格安航空券を利用するときには、こういった格安航空会社を利用するというのもいいでしょう。 安い航空券によって、これまで行かなかったところにもいけて、年1回しか帰省できなかった人も、2回も3回も帰省できるようになるのですから。

© 2013 国内旅行は意外に高い?知って得する国内旅行情報 All Rights Reserved.